ソフトウェア開発備忘録

ソフトウェアエンジニアの開発備忘録

GCPコトハジメ

何はともあれプロジェクト作成

任意のプロジェクト名とグローバルで一意なプロジェクトIDをつける
開発環境と本番環境で分けるのがベストプラクティスらしい

Preparing a Container Engine Environment for Production  |  Solutions  |  Google Cloud Platform

プロジェクト名:sample-dev
プロジェクトID:sample-dev
こんな感じでよい

Google Cloud SDK セットアップ(ユーザーアカウント認証)

ユーザーアカウント認証は主にローカルでの使用に使われるはず

Mac OS X 用のクイックスタート  |  Cloud SDK のドキュメント  |  Google Cloud Platform

初期化

gcloud init

アカウントとプロジェクトを選択

Choose the account you would like to use to perform operations for 
this configuration:
 [1] hoge@candee.co.jp
 [2] Log in with a new account
Please enter your numeric choice:  1    

You are logged in as: [yuki.toida@candee.co.jp].

Pick cloud project to use: 
 [1] sample-dev
 [2] Create a new project
Please enter numeric choice or text value (must exactly match list 
item):  1

GCEのデフォルトゾーン選択

Which Google Compute Engine zone would you like to use as project 
default?
If you do not specify a zone via a command line flag while working 
with Compute Engine resources, the default is assumed.
 [1] asia-east1-c
 [2] asia-east1-b
 [3] asia-east1-a
 [4] asia-northeast1-b
 [5] asia-northeast1-a
 [6] asia-northeast1-c
 [7] asia-southeast1-a
 [8] asia-southeast1-b
 [9] australia-southeast1-c
 [10] australia-southeast1-a
 [11] australia-southeast1-b
 [12] europe-west1-d
 [13] europe-west1-c
 [14] europe-west1-b
 [15] europe-west2-c
 [16] europe-west2-b
 [17] europe-west2-a
 [18] europe-west3-b
 [19] europe-west3-a
 [20] europe-west3-c
 [21] southamerica-east1-b
 [22] southamerica-east1-a
 [23] southamerica-east1-c
 [24] us-central1-c
 [25] us-central1-f
 [26] us-central1-a
 [27] us-central1-b
 [28] us-east1-b
 [29] us-east1-c
 [30] us-east1-d
 [31] us-east4-b
 [32] us-east4-a
 [33] us-east4-c
 [34] us-west1-a
 [35] us-west1-c
 [36] us-west1-b
 [37] Do not set default zone
Please enter numeric choice or text value (must exactly match list 

Config確認

gcloud config list

問題なければセットアップ完了

Google Cloud SDK セットアップ(サービスアカウント認証)

サービスアカウント認証は主にデプロイサーバ等で使われるはず

Cloud SDK ツールの承認  |  Cloud SDK のドキュメント  |  Google Cloud Platform

Google Cloud Platform Console の [Service Accounts] ページに移動します。

[SERVICE ACCOUNTS] ページに移動
[Create service account] をクリックするか、既存のアカウントを選択します。
サービス アカウントの表の [Options] 列にある [More] ボタン 鍵ファイルを作成する をクリックし、[Create key] を選択して、JSON 形式の鍵ファイルを作成してダウンロードします。

鍵ファイルを作成する
必要に応じて、Cloud SDK ツールを承認するシステム上の場所に鍵ファイルを移動します。
gcloud auth activate-service-account を実行します。

gcloud auth activate-service-account --key-file [KEY_FILE]
システムから鍵ファイルを削除します。

これでローカルマシンとデプロイマシンからgcloudコマンドを発行できる